スポンサーリンク

【攻略の記録】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO その60

プレイ記録 - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。

前回宝玉を集めて三角山へ行ったところ、どうやら別世界(?)へと飛ばされてしまいました。
そこで「セーレス」という女の子と出会いました。

【攻略の記録】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO その59
こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。前回、ついにすべての宝玉が揃いました!これで父親の指定した時間に剣ノ岬に行けば何かが起きるはずです!剣ノ岬一応これまで接地してある宝玉セーブを一旦すべて回収して、リ...
スポンサーリンク

民家を発見

ここはどこなのか

森を抜けると大自然。
砂漠に岩山。
でも道も見えます。

家?

道の途中で家を見つけました。
80年代の不思議の国系のアドベンチャーゲームに出てきそうな、変わった家ですね。
どうやらセーレスの家ではないようです。

ノックしても誰も出てきません。
鍵が開いていたので勝手に中に入りました(オイオイ)

奥の部屋には人が

リビングに誰もいなかったのでカーテンで仕切られた奥の部屋を覗いてみると……。
ベッドに女性が寝ていました。

騎士のアイリア

気付いた女性は剣を手にとって警戒しています。
そりゃそうだ。
セーレスと違って話はできるようです。
この世界の人全員が話せないわけではないのですね。

女性を介抱

やり取りをしているうちに女性が口から血を流して倒れてしまいました。
セーレスと介抱してからのこの台詞。
きっと元のPC版ではイロイロとあったんでしょうね 😅
いっそのことこのセリフもカットしたらいいのに……。

彼女の名前は「アイリア」で、この場所は「デラ=グラント」という名前(国?)のようです。
この家がある場所はボーダーと呼ばれるデラ=グラントとその他を隔てる「境」の地域で、彼女は外からの侵入者(恐ろしい獣)からデラ=グラントを護るための騎士だということでした。
境町という名前の由来もそこにあるのでしょうかね。

彼女が言うにはセーレスは帝都の寺院の巫女だとのことでした。
その身体に神を降臨させる重要な役割で、その戒律のために言葉を発しないのだとか。

そして巫女は数百年に一度の自然の怒りを、神の力を借りておさめる。
その自機に帝都から遠く離れたここに居るということは何か事情があるのではないかと。

スポンサーリンク

ボーダーの騎士

セーレスが見当たらない

アイリアと話し込んでいると、いつの間にかセーレスの姿が見当たりません。
家の外は危険だというので、剣を借りて探しに行くことにしました。

花を摘んでいたセーレス

崖の上でセーレスを発見しました。
花を摘んでいたみたいです。

ボーダーの外から来た獣

その時、ボーダーの外から来たと思われる獣が現れ、セーレスに襲いかかりました!
あぶない!

獣を撃退

その時、自宅で寝ていたはずのアイリアが駆けつけ、獣を一刀で退治しました。

アイリア

しかし、断末魔の怪物がアイリアを薙ぎ払おうとして致命傷を受けてしまいました。

死んでしまった

アイリアは4年後に神のデラ=グランティアが神聖な儀式によってセーレスの身体に降臨するまで、彼女とボーダーをアイリアに代わって守ってほしいと言い遺して死んでしまいました。
たくやは元の世界に帰る方法が見つかるまでは約束を守ることを決意しました。

つづく

次回の記事はこちらです。

【攻略の記録】この世の果てで恋を唄う少女YU-NO その61
こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。前回宝玉を集めて三角山へ行ったところ、どうやら別世界(?)へと飛ばされてしまいました。そこで「セーレス」という女の子と出会いました。前回、迷い込んだ異世界にて「アイリア」という...
【データベース】 この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO
基本情報タイトル名この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO発売元エルフ発売日1997年12月04日ジャンルマルチストリーシステムA.D.M.Sプレイ人数1人用ディスク枚数3枚...
【レビュー】クリア後の感想 この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO
セガサターン版「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」はおじさん/おばさんになってしまったゲーマーにこそやってほしいタイトルでした。

この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。

幼少期にセガマーク3を買い与えられセガ道に入るも、ファミコン、スーパーファミコンと王道を進みセガはメガドライブとゲームギアを嗜む程度。

セガサターン世代になってセガ道に復帰。
セガのコンシューマハード事業撤退以降は世を忍んでセガサターンのソフトをコツコツと買い拾うもののプレイせず。

最近セガサターン現役時代気になっていたけどプレイしていなかったソフトをプレイしながらブログに記録することを始める。

ブログ内の誤りやリンク切れなどありましたら Twitter にてご連絡いただけますと幸いです(もちろんお問い合わせフォームでも構いません)

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
スポンサーリンク
プレイ記録 - この世の果てで恋を唄う少女YU-NO
スポンサーリンク
セガサターン生活のススメ
タイトルとURLをコピーしました