スポンサーリンク

【攻略の記録】クロス探偵物語 その62

攻略の記録 - クロス探偵物語

こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。
引き続きクロス探偵物語を進めていきます。

前回、もらった明太子を冴木先生にあげた後、高梨呂秋の断筆宣言を読んでひとこと言うため、まゆなの家を訪れました。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その61
セガサターン版クロス探偵物語のプレイ日記です。第七話「タランチュラ」の1回目。
スポンサーリンク

高梨呂秋

記者が集まっていたのは高梨呂秋が記者会見を行ったせい

前回、まゆなの家のインターホンを鳴らしたら取材陣に取り囲まれてしまって、何とかまゆなに中に引き入れてもらって難を逃れたのでした。

呂秋はイギリスに

肝心の呂秋はイギリスへ行ってしまったとのこと。

英国……なんだか似合いますね。
紳士的でしたもんね。
それにしても別荘が伊豆だけではなくイギリスにもあったとは。

なんとイギリスの名誉市民

元々はイギリスでミステリーを書き出して、プロファイリングなどでイギリスの警察に協力し、名誉市民となったそう。
確かに日本の警察と推理作家が協力? と思いましたが、海外なら何となくあってもおかしくなさそうに感じますね😅

そして日本の警察もイギリスでの功績を認めて専門家として相談してくるようになった……。

ちなみに剣は「プロファイリング」という言葉を知りませんでした。
確かにこの言葉が使われ出したのってこの頃だったかも。

日本にもいないようだし、向こうは真夜中の時間帯なのでとりあえず何もせず帰ることに。

スポンサーリンク

冴木探偵事務所

タランチュラ?

冴木探偵事務所に戻ると、入り口ドアの隙間に謎の手紙が……。

謎のメッセージ

これがタイトルにもなっている「タランチュラ」か?
中身は謎のメッセージ。

冴木先生、倒れる!

事務所の中には誰もおらず、そこに電話がかかってきました。
電話の相手は友子。
冴木先生が急に苦しみだして倒れたので大至急病院に来るようにとのこと。

これは大変だ!

この医者よくサスペンスドラマに出てきそうな顔

医者の話では毒物(ヒ素)を摂取したということらしい。
もしかして……。

やはりあの辛子明太子に……

やはりカレー……ではなく辛子明太子の中にヒ素が盛られていたようです。
それにしても隣人とは1回挨拶した程度だったようです。

命に別条はなかった冴木先生

冴木先生顔色が悪いですね。
(元から……)

辛子明太子の件は正直に話しました。
それと、蜘蛛の模様が入った手紙についても冴木先生に話しておきました。

スポンサーリンク

組織

蜘蛛の手紙に顔色が変わる

蜘蛛の模様が入った手紙について話すと冴木先生の顔色が変わりました。
そして、辛子明太子は剣を狙ったものでなくはじめから冴木先生を狙ったものだったとということを言い始めました。

冴木先生は以前に恐ろしい組織と対立して、その結果妻子を殺されてしまいました。
そして命からがら逃げ出した冴木先生は二度とその組織とは関わらないと決めて今に至っているようです。

剣の推理

運送屋も、遠藤さんと偽って電話をかけてきたのも組織の人間。
剣が辛いものが嫌いで、冴木先生の大好物が辛子明太子だということは調べているけど、別にそれを剣が食べようが、冴木先生以外の誰かが食べようが構わないという姿勢なのでしょう。
恐ろしい組織です。

冴木先生の忠告

組織に対して怒りをあらわにする剣に対して、あの組織を相手にしてはいけないと冴木先生が忠告します。
剣はまだ諦めていないようですが……。
約束の面会時間が過ぎるので部屋を出ました。

先生に辛子明太子の鑑定を依頼

探偵であるということと、この件はまだ警察に届けられないという事情を話、先生に辛子明太子の中身を調査してもらえるように依頼しました。
大学病院で調べてみましょう、と快諾してもらえました。
あり得ないほど良い(?)先生ですね。

事務所に戻った

先生が退院するまで事務所も休みということになったので、自宅に帰ることにしました。

つづく

次回の記事はこちらです。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その63
セガサターン版クロス探偵物語のプレイ日記です。第七話「タランチュラ」の3回目。


クロス探偵物語 攻略の記録 その1はこちらです。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その1
クロス探偵物語のプレイ日記です。「第一話:名探偵誕生」をプレイしていきます。

クロス探偵物語 攻略の記録の一覧はこちら

攻略の記録 - クロス探偵物語
セガサターンの「クロス探偵物語」を攻略した記録です。

この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。

幼少期にセガマーク3を買い与えられセガ道に入るも、ファミコン、スーパーファミコンと王道を進みセガはメガドライブとゲームギアを嗜む程度。

セガサターン世代になってプレイステーションを購入したもののバーチャ2目当てにプレイステーションを売り払ってセガサターンでセガ道に復帰。
セガのハード事業撤退以降は世を忍んでセガサターンのソフトをコツコツと買い拾うもののプレイせず。

最近セガサターン現役時代気になっていたけどプレイしていなかったソフトをプレイしながらブログに記録することを始める。

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
スポンサーリンク
攻略の記録 - クロス探偵物語
スポンサーリンク
セガサターン生活のススメ

この記事に対するコメント

タイトルとURLをコピーしました