スポンサーリンク

【レビュー】クリア後の感想 雀帝 バトルコスプレイヤー

クリア後レビュー

こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。
今回はセガサターン屈指の奇ゲー「雀帝 バトルコスプレイヤー」のレビューをお送りします。

前情報なしに、持っていないソフトだったのでただ購入したのですがまさかこんなぶっ飛んだアレなゲームだったとは……。

雀帝 バトルコスプレイヤー

スポンサーリンク

混ぜるな危険! アニメと実写の融合(?)

「まんがはじめて物語」ってご存知でしょうか?
私が小さい頃によく見ていたテレビ番組です。

番組の最初に実写のお姉さんと人形のモグタンが登場して、何か気になるものを見つけます。
その起源はどんなものなのか、アニメのキャラクターとなったお姉さんとモグタンがタイムスリップして体験するという番組です。

この「雀帝 バトルコスプレイヤー」をプレイした時に最初に思い浮かんだのがこの番組でした。

ヒロイン(?)の西園寺優子

プレイヤーは西園寺財閥の令嬢「西園寺優子」の代打として麻雀大会に出場します。
対戦相手は全部で15人。
アニメのキャラが8人と実写のキャラが7人います(フリー対戦できないキャラクターは除く)。
各キャラの設定もなかなか、いやかなりぶっ飛んでますがそれは後ほど。

対局場所は複数ある

プレイヤーはビーナス、ムーントラップ、ルージュマジック、それに最後のVIP倶楽部という4つの場所で麻雀をします。
それぞれの場所には対戦相手となる雀士がいるわけですが、場所によってアニメだったり実写だったりするのです!

実写エリアの「ルージュマジック」

上の写真は実写の「ルージュマジック」に入ったところ。
簡単なデモがあり、それぞれのキャラクターが自己紹介してくれます。
まぁ実写の麻雀ゲームだったら、普通ですよね。
それが「ビーナス」入ると……。

アニメキャラ版の西園寺優子

えええっ!?
西園寺優子がいきなりアニメキャラに!

対局相手のアニメキャラ

そして現れる対戦相手。
まさにはじめて物語!

はじめて物語は「過去にタイムスリップする」という建前があって、観ている方にもアニメキャラになる納得感がありました。
このゲームの場合、何の脈絡もなくアニメキャラになりますから、納得感がないどころかプレイヤーが納得行く設定や演出を用意しようという気がないようです😂

対戦相手のひとり「五十嵐麗子」

「街」では「水曜日」として出演されていた留美さんが「五十嵐麗子」というキャラクターとして出てきます。
「街」でのセーラー服姿はあんなに似合っていたのに……😱

三石琴乃さんが声を当てるキャラは「有田琴乃」(下の名前変えようよ……)

アニメパートでは三石琴乃さんや氷上恭子さんなど有名声優を起用しているためセリフは流暢ですが、
実写パートの方は無名・新人タレントのためセリフは棒読みと、何ともチグハグで違和感が半端ないです。

スポンサーリンク

ぶっ飛んだ世界観 20XX年 世界コスプレ麻雀大会?

ストーリーの方も強烈です。

20XX年、地球は財閥の女性たちに支配されています。
人々の洋服は大量に自動生成可能となっていて、全てを満たされたお金持ちにとって金やダイヤモンドを持つことではなくいかに沢山の手作りコスチュームを持っているかがステータスとなっていました。

コスチュームの売買ができるブティック

キャラ設定も強烈です。
コスチュームを買うことのできるショップの主人はオネエ系。
「あ〜ら、いらっしゃい。素敵なカレね。アタシの好みよ」

アニメキャラのひとり「フランソワ」

moon trap というクラブで対局相手となるフランソワ。
口癖は「天に代わってお仕置きするでゴザイマスよ!(カタコト)」
コスチュームは「お嬢様」???

この人もキャラが強烈

実写の方々もこの強烈さに合わせたキャラ設定になっていて悲惨です。
変な口癖 + 大根演技(というかこの設定ではどんな演者さんでも難しいのでは……😅)で違和感MAX!

主人公のコスチュームを着る敵キャラクター

麻雀で負けた時に敵が主人公からコスチュームを奪う時にもしっかりとムービーが用意されています。
(無駄に)力が入っています。

ご褒美(?)ムービー

一位になるとご褒美(?)ムービーが……。
背景が合成だったり(無駄に)力が入っています。

ご褒美(?)ムービー アニメパート版

アニメパートの対局の場合、ご褒美(?)ムービーもアニメに。
(無駄に)力が入っています。

スポンサーリンク

雀帝エンジン搭載! いたって真面目な麻雀エンジン

これだけバカゲー要素を備えながら、実は麻雀部分はいたって真面目です。
雀帝エンジンという内部ロジックを使用していて、当時の広告でも「雀帝エンジン搭載!」をウリのひとつにしています。

ルール設定

ルールも細かく設定することができます。
こちらがリーチを掛けると敵がベタ降りしてきたり、この手の不真面目系の麻雀ソフトではあまりないような打ち方をしてきます。
配牌もリアルなので、地味な麻雀が続きます。

麻雀好きの人には良いかもしれませんが、派手な手でスカッと和了りたい私のようなプレイヤーには向いていません。
というかリアルな麻雀を求めてこのソフトに手を出す人はいないでしょう……。

スポンサーリンク

エンディング

いよいよエンディング。

主催者より冠を受け取る

実は主催者だったラスボスから冠を授与される。

プロポーズかと思いきや……

「私と正式に付き合ってくれませんか?」

この格好でこのセリフですか……。
もう逃げられないじゃん!🤣

撮影風景

芸能事務所(?)との契約と既存の麻雀ロジックだけを頼りに、無理矢理にゲームを組み立てていった感じが半端ないです😅
また、おまけディスクには特典映像として撮影風景が収録されています。

トータル的な品質とか度外視で、素材があるのだから使わにゃ損、損という謎のサービス精神が感じられます。
手持ちの材料に対して間違った方向にボタンをかけ続けた結果生まれた奇ゲーと言えるのではないでしょうか。

この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。

幼少期にセガマーク3を買い与えられセガ道に入るも、ファミコン、スーパーファミコンと王道を進みセガはメガドライブとゲームギアを嗜む程度。

セガサターン世代になってプレイステーションを購入したもののバーチャ2目当てにプレイステーションを売り払ってセガサターンでセガ道に復帰。
セガのハード事業撤退以降は世を忍んでセガサターンのソフトをコツコツと買い拾うもののプレイせず。

最近セガサターン現役時代気になっていたけどプレイしていなかったソフトをプレイしながらブログに記録することを始める。

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
スポンサーリンク
クリア後レビュー
スポンサーリンク
セガサターン生活のススメ

この記事に対するコメント

タイトルとURLをコピーしました