スポンサーリンク

【攻略の記録】エネミー・ゼロ その5

攻略の記録 - エネミー・ゼロ

こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。
前回はウィンター・タワーの地下1階でパーカーの死亡を確認。
1階へ戻ってきたところでマーカスの部屋の方からローラの部屋の方へエネミーが向かっていくところに遭遇しました。

【攻略の記録】エネミー・ゼロ その4
こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。前回はローラのロッカーで鍵を入手して、地下1階のパーカーの部屋へ様子を見に行くことになりました。まずパワールームへ地下1階にやってきました。廊下が青色で雰囲気がちょっ...
スポンサーリンク

マーカスの部屋

扉が壊されている

エネミーはローラの部屋の方へ走り去って(?)行ったので、そちらの方へ向かうのは怖い。
自室に戻るのは止めてマーカスの部屋へと行ってみます。

マーカスの部屋の前まで行くと、エネミーが出てきた時に破壊されたと思われる扉の残骸がありました。
まさか……。

首がないマーカスの死体

やはりマーカスはエネミーの餌食になってしまっていました。
とりあえず部屋を詳しく調べてみましょう。

開かない扉

部屋の奥に扉がありましたが、ローラがセンサーに手をかざすと「DNA Code Error」と表示され、扉を開けることはできませんでした。

ロニーに連絡

ひとまずビデオフォンで船長のロニーに報告しておきます。

ロニーのいるサマー・タワーでもエネミーの気配があるようです。
マーカスの部屋の奥に銃があったはずだということも教えてくれました。
あの開かなかった扉でしょうか。

アイテム(?)をゲット

マーカスの死体付近を調べていると「指」が落ちていました……。
ローラはそれを持ち上げ……アイテムとしてゲット。
これはさっきの扉で使うのかな。
しかし指がアイテムとは……。

マーカスの指を使ってDNA認証を突破

先ほどの扉の前でアイテムとしてマーカスの指を使うと、扉を開けることができました。
アイテムを手に入れる時もそうでしたが、指のつまみ方からローラの嫌そうな感じが出ていて面白い😅

マーカスの銃を入手

奥の部屋の棚でマーカスの銃を発見しました。
これでエネミーと戦うことができます。

銃を手に入れたことを船長のロニーに報告しようとしたところ、VPS(エネミーの位置を補足する音を出す機械)の説明をしてくれました。
それはもうトレーニングモードや地下1階でエネミーに遭遇して十分わかってますから!

エネミーを退治!

地下1階に戻りエネミーと対決!
何とか撃破しました。

2発外して3発目で仕留めることができました。
スペシャルイージーモードじゃなかったら弾切れになっていたかも?

ローラもホッとひと息

ムービーが入り、ローラの息が荒れているのがわかります。
何とかエネミーを倒しました。

さて、このあとどうしましょうか。

つづく

次回の記事はこちらです。

【攻略の記録】エネミー・ゼロ その6
こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。前回はウィンター・タワーの地下1階ではじめてエネミーを倒しました。倒したところで次なる目標を失ってしまいました。自室へ戻るエネミーを倒したのはいいものの、倒したあとどうし...

エネミー・ゼロ レビュー記事

【レビュー】クリア後の感想 エネミー・ゼロ
今回レビューするのはセガサターンと言えば名前の挙がるこのソフト「エネミー・ゼロ」です。エネミー・ゼロと言えば、鳴り物入りで発売され、発売後も賛否両論で話題の絶えなかったソフト。セガサターンとプレイステーションの次世代機戦争の象徴とも言え...


この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。

幼少期にセガマーク3を買い与えられセガ道に入るも、ファミコン、スーパーファミコンと王道を進みセガはメガドライブとゲームギアを嗜む程度。

セガサターン世代になってセガ道に復帰。
セガのコンシューマハード事業撤退以降は世を忍んでセガサターンのソフトをコツコツと買い拾うもののプレイせず。

最近セガサターン現役時代気になっていたけどプレイしていなかったソフトをプレイしながらブログに記録することを始める。

ブログ内の誤りやリンク切れなどありましたら Twitter にてご連絡いただけますと幸いです(もちろんお問い合わせフォームでも構いません)

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
スポンサーリンク
攻略の記録 - エネミー・ゼロ
スポンサーリンク
セガサターン生活のススメ
タイトルとURLをコピーしました