スポンサーリンク

【攻略の記録】クロス探偵物語 その46

攻略の記録 - クロス探偵物語

こんにちは、ハマチさん(@ss19941122)です。
引き続きクロス探偵物語を進めていきます。

第五話「紺碧の記憶」の7回目です。
プレイ日記ということでネタバレを含みますのでご注意ください。

前回若林が居なくなっていたのでホテル内を探し回りましたが結局見つかりませんでした。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その45
セガサターン版クロス探偵物語のプレイ日記です。第五話「紺碧の記憶」の6回目。
スポンサーリンク

エントランスを調査

玄関が気になる

一通りの部屋を見てきましたが、そういえば自分たちが入ってきたとき玄関は開いていました。
エントランスへ行ってみます。

玄関を施錠しセンサーを解除

ドアの下にあるロックを調べると鍵をかけることができました。
うるさいのでセンサーのコンセントも抜いておきます。

スポンサーリンク

各部屋の見回り

笠村の部屋にはなぜか化粧品が……

各部屋の中も見ておきましょう。
美麗の部屋は特に何もありませんでした。

隣の部屋、マネージャーの笠村の部屋では……。
なぜか化粧品やマニキュアが。
まさか笠村が変装して……?

笠村が使っているスーツケースは紫色でした。
女装というよりは単にオネエ系なのでしょうか。

荒井の死体

念のため、殺された荒井の部屋も改めて確認しておきます。

ベッドの上、血溜まりのそばをよく調べると、凶器を拭った跡がありました。
斜めに拭き取ったのか、凶器の形はわからないようです。
意図的にやったのだとすると手慣れたプロの犯行でしょうか。

窓の外は海

窓も確認しましたが、ここから入ってくることはできないでしょう。
部屋はオートロックなので、犯人は荒井の顔見知りで、ドアは荒井が開けた可能性が高そうです。

若林の部屋

若林の部屋ももう一度確認しておきます。

入り口ドアを調べると何かを貼り付けた跡を発見しました。
テープでも貼って誰かが入ってきたかどうかチェックしたのでしょうか。

矢野の部屋

それからこちらも殺された矢野の部屋。
犯人の侵入経路を確認しておきます。

窓を調べても鍵がかかっているので、こちらもやはりドアから入ったと見て間違いないでしょう。

こちらもナイフで刺されて殺されていますが、凶器が同じだとすると荒井を殺してナイフを抜いてシーツで拭いたあと矢野を殺したということになるでしょう。

浅倉の部屋

先程はスルーしたAD浅倉の部屋も一応確認。
荷物はリュックひとつでした。
いかにも何もない部屋に住んでそうな感じがする男だったのでイメージ通りかな。

室沢の部屋

ついでに室沢の部屋も……。
特に何もありませんでしたが部屋が汚い。

すべての部屋を見て回った

全ての部屋を見て回りドアと窓を確認したことで剣のこのセリフが出てきました。
部屋の探索はこれで終了します。

ここまで来ると犯人は既に外へ逃亡したか、談話室に居る人間。
まぁ(ゲーム内容的に)普通に考えれば談話室に居る誰かでしょう。

談話室に戻る

談話室に戻って誰も居なかったことを報告しました。
しかし若林はどこへ行ったのか。

つづく

次回の記事はこちらです。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その47
セガサターン版クロス探偵物語のプレイ日記です。第五話「紺碧の記憶」の8回目。



クロス探偵物語 攻略の記録 その1はこちらです。

【攻略の記録】クロス探偵物語 その1
クロス探偵物語のプレイ日記です。「第一話:名探偵誕生」をプレイしていきます。

クロス探偵物語 攻略の記録の一覧はこちら

攻略の記録 - クロス探偵物語
セガサターンの「クロス探偵物語」を攻略した記録です。

この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。

幼少期にセガマーク3を買い与えられセガ道に入るも、ファミコン、スーパーファミコンと王道を進みセガはメガドライブとゲームギアを嗜む程度。

セガサターン世代になってプレイステーションを購入したもののバーチャ2目当てにプレイステーションを売り払ってセガサターンでセガ道に復帰。
セガのハード事業撤退以降は世を忍んでセガサターンのソフトをコツコツと買い拾うもののプレイせず。

最近セガサターン現役時代気になっていたけどプレイしていなかったソフトをプレイしながらブログに記録することを始める。

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
スポンサーリンク
攻略の記録 - クロス探偵物語
スポンサーリンク
セガサターン生活のススメ

この記事に対するコメント

タイトルとURLをコピーしました