ピクチャーレーベルを探せ! ヴァーチャルハイドライド

ピクチャーレーベルを探せ!
ヴァーチャルハイドライド
IMG_2361

発売元: セガ

発売日: 1995年4月28日
価格: 5800円
ディスク数: 1枚
型番:GS-9012
サタマガ読者投票最終平均点: 7.1236

hydlide_02_trimed
あのハイドライドが3Dになってセガサターンに登場しました。
実写映像を使ってリアルに表現された、おなじみのフェアリーランドを舞台に冒険を繰り広げます。
アイテムの重量制限などハイドライドらしいところも受け継がれています。

hydlide_01_trimed
オープニングでは実写映像を使って雰囲気を出しています。

アン王女も実写で出てきます。
このゲームの最大の特徴は新規にゲームを始める度にランダムに世界が構築されて何度でも楽しめるということろでしょう。
重要エリアの配置やアイテムの位置などが新規プレイの度に変わります。
マップのコードはいつでも確認でき、新規にゲームを開始する時に同じコードを入力することで、同じマップを何度でもやり込めます。
またRPGでありながらハイスコア制となっていて、アイテムやお金を入手することでスコアが増えていきます。
ゲームオーバーとなるとスコアはリセットされてしまいます(コンティニューはできますがスコアは0に戻る)。
同じコードを使用して友達と同じマップをプレイしてスコア競うといった遊び方ができます。

hydlide_03_trimed
これらの特徴からRPGとしてはちょっと変わった内容となっています。

ユーザーとしてはまずは各ジャンルオーソドックスで定番となるようなゲームを揃えてほしいと思うのですが、ハードの立ち上げ時期はこうしたチャレンジングなゲームが多く出るものです。
難点としては実写取り込みの3Dということで画像がかなり粗く、アイテムと地面やオブジェが判別しにくいです。
また、視点が固定されていて主人公の後ろ姿が画面中央に表示されているため、目の前が見えません。アイテムが落ちていても気づきません。
動きもガクガクなので敵との距離は測りにくく、旋回動作もしずらく、アクションRPGというには操作性に難があります。
コンセプトは面白いですが操作性に難があり、技術力が追いついていないのは残念です。
もう少しハードが熟れてきてから見たかったゲームです。
今回プレイして初級マップに挑みましたが、廃墟で炎の護符を取ったあたりで撃沈。
何かしら攻略情報が無いと初級と言えどもクリアするのは難しいのではないでしょうか。
あとから説明書を読み返して、漆黒の剣がB+Cボタンで魔法を出せたということに気付きました……。
ちなみに今回のプレイで冒険した世界は「HPBTKPBSRM」のコードで生成できます。
IMG_2362
IMG_2363

この記事に使われているゲーム画面の著作権はすべて権利者にあり、当ブログは権利者の温情により使わせていただいている立場です。
権利者から削除要請があった際には真摯に対応いたします。

管理人
ハマチさん

セガサターンと共に青春時代を過ごした1979年度生まれ。 レトロゲームレイダーNo.004 レトロコンシューマー愛好会 No.532 セガサターン友の会 No.20

ぜひ twitter でのフォローをお願いします
ピクチャーレーベルを探せ!
セガサターン生活のススメ

この記事に対するコメント

タイトルとURLをコピーしました